忍者ブログ
デビルサバイバー2(主ヤマ時々ヤマ主)中心女性向けテキストブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人が暇だからと作ってくださったものが、面白かったのでおねだりしたら載せていいと許可をいただいて掲載しています。
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」という2chのコピペが元ネタだそうです。

ウサミミの名前は我が家のウサミミ、北斗の名前でいただきました。
本当にありがとうございました!


--------------
 
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」っていう2chのコピペでうさやましてみた。
多分大団円とかだよ!下品だよ!
 

 

 

ヤマト「右腕が下剋上陵辱ものの薄い本隠し持ってた……」
 
ヤマト「北斗が、北斗が怖いぃ!」ガタガタ
 
北斗「誤解だから!誤解だから!」
 
ヤマト「北斗に犯されるぅ!」ブルブル
 
北斗「やめて!」
 北斗「ご、誤解なんだよ!」
 
ヤマト「そうなのか……?」
 
北斗「うん」
 
ヤマト「じゃああの本は、おまえのではないのだな?」
 
北斗「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……」
 
ヤマト「犯されるぅ! 北斗に犯されるぅ!」ガタガタ
 
北斗「ち、違うんだぁ!」
 
ヤマト「お、おまえも男ではあるだから、俗物的なものに興味を持つ事自体はいた仕方ないと思う」ビクビク
 
北斗「……うん」
 
ヤマト「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事ではないと思うし……」ブルブル
 
北斗「……あの、ヤマト」
 
ヤマト「な、何だ!?」ビクゥッ
 
北斗「な、なんで距離とってるの?」
 
ヤマト「怖い!犯される!」ガタガタ
 
北斗「やめて!」
 
ヤマト「超マニアックな方法で犯される!」
 
北斗「しないよそんなの!」
 
ヤマト「普段執務で使ってる机に押し倒されて
 『偉そうに命令してるときとは別人だね……?』とか言われながら犯される!」
 
北斗「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」
 
ヤマト「なにか陵辱特有のマニアックな言葉責めとかするつもりだろう!」
 
北斗「しないよ!やめて!」
 
ヤマト「『ヤマトの直腸(ナカ)いっぱいになっちゃうね!』とか言いながら犯すつもりだろう!」
 
北斗「抜粋やめて!音読やめて!」
 
ヤマト「私の右腕がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」
 ヤマト「とにかく、そういうマニアックなプレイをしようとしているのだろう……?」
 
北斗「違うから!そういうんじゃないから!」
 
ヤマト「さ、さらにマニアックな……?」
 
北斗「違うよ!ていうかさっきヤマトが言ったみたいのは下剋上ものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」
 
ヤマト「……え?」
 
北斗「……あ」
 
ヤマト「……あ、あれくらいは、基本だというのか?」
 
北斗「なんでもない!さっきのなんでもない!」
 
ヤマト「正直さっきのでもかなりエグいところを抜粋したつもりだったのだが……」
 
北斗「聞いて!さっきのは間違いだから!」
 
ヤマト「もうあれくらいじゃ、満足できないのか……?」
 
北斗「やめて!」
 
ヤマト「北斗がどんどん遠くに行く……」
 
北斗「遠くに行ってるのはヤマトだよ……物理的に距離とってるじゃないか……」
 
ヤマト「だ、だって犯される……」
 
北斗「しないよ!」
 
ヤマト「私の接し方が悪かったのか……?
 次の生ではお前の誘いを受けるのも悪くないか、とか言いながら歯車に飛び込んだから……」
 
北斗「やめて!ヤマトファンのトラウマ抉らないで!」
 
ヤマト「もしくは落下する通天閣からお前たちを庇って下敷きに……」
 
北斗「聞きたくないよ!なんかトラウマがりがり抉られてるよ!」
 
ヤマト「で、でもプレイ的な見地から言えば何度となく目の前で失ってきたというのも興奮ポイントに……?」
 
北斗「やめて!嗜好を探るのやめて!」
 
ヤマト「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なのだろう?」
 
北斗「間違いでした!さっきの無しで!」
 
ヤマト「とするとヤンデレとかそっち系に行かざるを得ないじゃないか……?」
 
北斗「っていうか何でちょっと協力的なの!?
 さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」
 
ヤマト「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」
 
北斗「そ、そういうことか!いや、しないから!」
 
ヤマト「な、なら面と向かって誓え……」
 
北斗「何を?」
 
ヤマト「『俺はヤマトを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』と」
 
北斗「何その宣言!?」
 
ヤマト「言わなければ信用できん!ルートでは実力主義を掲げたとはいえ獣と同じ部屋にはいられん!」
 
北斗「ケモノとか言わないで!」
 
ヤマト「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」
 
北斗「……うーん……」
 
ヤマト「や、やはり虚偽の申告はできないか?」ビクビク
 
北斗「虚偽じゃないから!」
 
ヤマト「いや、構わなん!私はお前に偽りを口にさせたい訳ではない!」
 
北斗「その感じやめて!」
 
ヤマト「お前をその場限りの嘘で切り抜けるような下種に貶めるくらいなら、私はお前の嗜好と向き合おう!」
 
北斗「言うから!言うから重い感じやめて!」
 北斗「え、な、なんだっけ……『俺は』……」
 
ヤマト「『俺はヤマトを犯したいと思っていないし』
 
北斗「そ、そうだね。『俺はヤマトを』……」
 
ヤマト「……ど、どうかしたか?」ビクビク
 
北斗「あ、あのー、一応、一応確認ね?」
 
ヤマト「な、何だ?」
 
北斗「こ、この『犯す』の範囲って……?」
 
ヤマト「!?」
 
北斗「い、一応だよ!!」
 
ヤマト「そ、それはつまり範囲によっては……」
 
北斗「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」
 
ヤマト「範囲によってはありえるということか?」
 
北斗「いやだからその確認!」
 
ヤマト「そ、そうだな。お前の基準はかなりアレだからな…」
 
北斗「アレとかやめて」
 北斗「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」
 
ヤマト「あ、ああ。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」
 
北斗「……うん」
 
ヤマト「お前がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだな」
 
北斗「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!?」
 
ヤマト「そ、そうだな!」
 
北斗「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」
 
ヤマト「まずは『接吻』!」
 
北斗「えッ!?」
 
ヤマト「えッ!?」
 
北斗「ストップで! 一旦ストップで!」
 
ヤマト「怖い怖い怖い怖い!!」
 
北斗「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 上司と部下でで!」
 
ヤマト「しないしないしない怖い怖い怖い」
 
北斗「俺がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、上司部下でキスはセーフだよ!」
 
ヤマト「しないだろう……」
 
北斗「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『棒の先同士で』とかそういうんじゃないよ?
  そのつもりで俺はOKにしたんだよ?」
 
ヤマト「当たり前だ!今言った方OKにしてたら龍脈を解放しているところだ!」
 ヤマト「と、というか、接吻が基準だと無理なのか?
  そうなんだな? ああ、言わなくていいが」
 
北斗(心底屈辱的……)
 
ヤマト「……もういい……
  ど、どこをラインにしたらさっきの宣言が出来るんだ?」
 
北斗「……えー?」
 
ヤマト「お、お前が決めて構わん。それを聞いて対処する」
 
北斗「……う、ん……」
 
(五分後)
 
北斗「……」
 
ヤマト「……」ドキドキ
 
北斗「……あの」
 
ヤマト「ひっ!?」ビクゥッ
 
北斗「そ、そこまで怯えなくても!」
 
ヤマト「お、驚いただけだ。すまない。犯さないで?」
 
北斗「やめて!」
 
ヤマト「……そもそも、これは長考した時点で相当……」
 
北斗「言うから!今すぐ言うから!」
 北斗「え、えーと……」
 
ヤマト「言え!はっきりと!」
 
北斗「えーと……」
 
ヤマト「もう驚かん!」
 
北斗「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」
 
ヤマト「え」
 
北斗「あの、だって、したいし……」
 
ヤマト「うわああああああやっぱりガチじゃないかぁぁぁ!!!」
 
北斗「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだよぉぉぉぉ!!」
 
ヤマト「最初ので合ってたじゃないかぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解ではないか!!!」
 
北斗「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」
 
ヤマト「それは聞いていないだろおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」
 
北斗「し、静かにしてよ!! 犯すよッ!?」
 
ヤマト「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」
 
ヤマト「執務室プレイは?」
 
北斗「基本」
 
ヤマト「直腸と書いて?」
 
北斗「ナカ」
 
ヤマト「あいぼうは?」
 
北斗「愛棒」
 
ヤマト「背徳感は?」
 
北斗「正義」
 
ヤマト「恐ろしいぃぃぃ! 北斗が怖いぃぃぃ!」
 
北斗「う、うるさい! 下着口に詰めるよ!?」
 
ヤマト「なんだそれは!?」
 
北斗「よくあるんだよ!」
 
ヤマト「よくあるのか!?」
 
北斗「色々装着したまま仕事させたりしたい!」
 
ヤマト「何だ急に!?」
 
北斗「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」
 
ヤマト「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」
 
北斗「部下に指示出してる時にリモコンでいじりたい!」
 
ヤマト「やめろ怖い!」
 
北斗「しゃがんだ衝撃でより奥に!」
 
ヤマト「生々しい状況怖い!」
 
北斗「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」
 
ヤマト「落ち着け! もうやめろ!」
 
北斗「他の職員に見られない廊下の死角でキスしたい!」
 北斗「通信してる背後から下弄りたい!」
 北斗「皆で花見行きたい!」
 
ヤマト「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」
 
北斗「そういうことだから!よ、よろしくね!」
 
ヤマト「何をヨロシクするんだ!?」
 
北斗「……じゃ、じゃぁ俺寝るから!もう寝るから!」
 
ヤマト「このタイミングで引き上げられるとより怖い!
 だからなにをヨロシクすればいいんだ!?」
 
北斗「お休みなさい!」ダッ
 
ヤマト「いかん……絶対明日から何か仕掛けてくる……」
 ヤマト「本当にヤダ本当に怖い……」
 ヤマト「なんであんな本見つけてしまったんだ……」
 ヤマト「他のものにはなんて言えば……いや、言えんか……こんな稀有な悩み……」
 
~~~~~
 
クリッキー「ん、これはジョーのものか? あいつでもこんなものを読むのか……」
 クリッキー「……ん?」
 
おしまい

拍手[11回]

PR
- HOME -
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
なゆたあき
性別:
非公開
忍者カウンター
Powered by 忍者ブログ | [PR]